悩みとは何か? その解消法とは

悩みとは何か?

 

 

「悩み」の意味を調べると、

精神的に苦痛・負担を感ずること。そう感じさせるもの。

と出てきます。

悩みには、仕事・プライベート・人間関係など、さまざまな場面のさまざまな種類の「悩み」があります。

あなたは「悩み」を持っているでしょうか?

「悩み」を持っている人は多いのではないでしょうか。

しかし、その「悩み」によって毎日が憂鬱に感じられたり、気分が乗らないなど、精神的に悪影響を及ぼす場合もあります。

しかし、簡単には解消できないのが「悩み」です。逆を言えば、簡単に解消できないから悩むのでしょう。

「悩み」というのは、簡単に解消できないものなのです。

 

 

 

悩みの解消法

 

 

「悩み」を解消できるであれば、それが一番なのです。

しかし、先ほども言ったように、簡単に解消できないのが「悩み」というものです。

では、一体どうしたら良いのでしょうか?

それは「悩み」とうまく付き合うこと。

まずは自分の「悩み」の性質を知りましょう。

 

 

・解決策がある「悩み」

 

解決策がある「悩み」とは、自分自身で完結している「悩み」のこと。

例えば、今後の将来が不安、転職した方が良いのか、など。

こららの悩みに共通するのは、『自分自身のこと』であるということ。

自分自身のことは、自分自身で解消できるのです。

 

たしかに、将来のことを約束することもできませんし、どうした方が将来のためになるかもわかりません。しかし、将来のことは誰にも分らないのです。

誰にも分らない将来のことを思い悩んでも仕方がないのです。

将来に不安を覚えるのは、誰にでもあることでしょう。

しかし、「不安」に思うことと「悩み」とでは大きな違いがあります。

ちなみに「不安」とは、何かがきがかりで落ち着かない心の状態、です。

「不安」を解消するには、きちんと考えること。

 

将来を不安に思っているなら、どんな将来を迎えたいのかを考える。 ⇒ どんな将来を迎えたいかが明確になったら、その将来を迎えるために必要なことを具体的に考える。 ⇒ 具体的に考えたことを実行する。

 

転職した方が良いかを悩んでいるのであれば、なぜ転職した方が良いと思うのかを明確にする。 ⇒ 転職したいと思う要因を出す。 ⇒ 現状の不安や不満を出す。 ⇒ 転職することによって解決するものなのかを考える。 ⇒ 転職することによって叶えられることを出す。 ⇒ 現状と比較して、転職の方に魅力を感じるか、現状維持を求めるのかを考える。

 

こうすることで、自分は将来のためにきちんと行動していることが明確になって、自信がつきます。

自信がつくことで「不安」を和らげることができるのです。

また論理的に物事を考えたり、自分の思考を整理することで、無用な「不安」を解消することができます。

 

自分の気持ちの整理をするには、文字として「書く」ということが有効です。

書くことのメリット↓

文字を書くことの4つのメリットとその重要性とは

 

また論理的に考える方法として、ロジック・ツリーやなぜなぜ分析などのビジネスフレームワークを使うのも有効です。

 

 

・解決策がない「悩み」

 

解決策がない「悩み」とは、自分自身だけで解決策を見つけるのが難しい「悩み」のこと。

例えば、職場の人間関係がうまくいかない、など。

人間関係の悩みは多くの人が持っているのではないでしょうか。

この「悩み」は解決するのは、難しい問題です。なぜなら相手がいることだから。

しかし、解決するのが難しい「悩み」だからといって、このままに何もしなければ「悩み」はずっと続くことになります。

 

まず「悩み」解決に一歩踏み出してみましょう。

特に人間関係に「悩み」を持っている人は、まず『相手を知る』ということを考えてみると良いでしょう。相手を知らなければ、どんなことをしたら良いのか、どうアプローチしたら有効か、を見出すことができません。

相手がどんな性格なのか、どんな考え方を持っているのか、どんなことが得意でどんなことが苦手なのか。など何でもよいので、相手のことを知る意識を持ちましょう。

そして自分を知ること。相手を知ったうえで、自分は相手にとってどんな存在なのか、どんな影響を与えているのか、相手の性格からして自分はどのように見えているのか、さまざまな視点で考えてみましょう。

 

ここで必要なのは、相手に対しても、自分に対しても、『客観的な視点を持つ』ということ。これはとても重要です。

人は自分のこととなると贔屓目で見てしまいますし、好きではない相手のことを悪く見てしまう傾向にあります。だからこそ、客観的な視点が重要なのです。

相手と自分との関係を十分理解したうえで、行動を起こしましょう。その行動は何でも良いのです。

相手に自分から話しかけてみる、普段はしない会話の内容を持ちかけてみる、など。

 

客観的な視点を持つ、ということ。↓

客観的な視点を持つメリットとその方法

 

何かの行動を起こさなければ、状況は変わらないのです。だからこそ、どんな行動を起こしたらよいかを相手・自分を知ったうえで、考えましょう。

あなたが勇気を出せば、きっと良い方向に向かいます。