いま重要とされるワークライフバランスとは

ワークライフバランスとは

 

「仕事と生活の調和」と訳され、国民一人ひとりがやりがいや充実感を持ちながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活などにおいても、子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて、多様な生き方が選択・実現できること、を指します。

 

ワークライフバランス憲章とは

 

日本政府は、ワークライフバランスについてワークライフバランス憲章を策定し、推進の取り組みを行っている。

 

〝日本の社会は、人々の働き方に関する意識や環境が、社会経済構造の変化に必ずしも適応しきれず、仕事と生活が両立しにくい現実に直面している。

誰もがやりがいや充実感を感じながら働き、仕事上の責任を果たす一方で、子育て・介護の時間や家庭、地域、自己啓発等にかかる個人の時間を持てる、健康で豊かな生活ができるよう、今こそ社会全体で仕事と生活の双方の調和の実現を希求していかなければならない。

仕事と生活の調和と経済成長は車の両輪であり、若者が経済的に自立し、性や年齢などに関わらず、誰もが意欲と能力を発揮して労働市場に参加することは、日本の活力と成長力を高め、ひいては少子化の流れを変え、持続可能な社会の実現にも資することとなる。

そのような社会の実現に向けて、国民一人ひとりが積極的に取り組めるよう、ここに仕事と生活の調和の必要性、目指すべき社会の姿を示し、新たな決意のもと、官民一体となって取り組んでいくため、政労使の合意により、本憲章を策定する。〟

 

このように、政府として大きく打ち出している「働き方改革」を進めていくためにも、ワークライフバランスの推進は必須なのです。

ワークライフバランスの実現は、国をあげて推進されている取り組みです。

 

なぜ今、仕事と生活の調和が必要なのか?

 

・安定した仕事に就けず、経済的に自立することができない人の増加

・仕事と子育てや介護の両立に悩む人の増加

・非正規雇用の増加などによる、働き方の多様化

・共働き世帯の増加

・家族と地域・社会の変貌

・多様な選択肢を可能とする仕事と生活の調和の必要性

 

またコロナ禍において、企業ではテレワークの推進を行っています。

テレワークには多くのメリットがある一方で、仕事とプライベートの境界線が曖昧になってしまうというデメリットもあります。

その中でそのように仕事と生活の調和を図っていくのかは、とても重要なことなのです。

 

ワークライフバランスの実現に向けて

 

仕事とプライベートの「メリハリ」をつける

 

仕事とプライベートの両立を実現するためには、メリハリが大切です。仕事とプライベートの区切りをキッチリとつけないと、いつまでも仕事のことを考えてしまい、脳も休まりませんし、気持ちもリフレッシュできません。

 

タイムマネジメントの重要性

 

仕事とプライベートを両立するためには、きちんとプライベートの時間も確保することが必要です。仕事での生産性向上を図るためにも、プライベートを充実させるための時間を確保するためにも、タイムマネジメントは重要な要素となります。

 

タイムマネジメントで時間を有効に使うコツ

 

プライベートを充実させる

 

趣味を持つ
趣味を持ち、仕事以外のことに没頭することで、脳が休まります。またストレスからも解消されます。

趣味を持つことは、自分の好きなことを見つけることです。人生において好きなことを見つけることは、それだけで充実感を味わえることの一つです。

 

一人で過ごせる時間を持つ
仕事では上司や同僚、部下とのコミュニケーション、プライベートでは家族や知人、友人など、なかなか一人の時間が持てない人も多いと思います。しかし一人で過ごせる時間を持つことで、自分のために時間を費やせます。

 

デッドタイムを有効に使う
たとえば通勤時間など、一日の中でデッドタイムは意外と多いです。その時間を有効に活用しましょう。朝の通勤時間には、資格取得に向けての勉強をする、などの時間にすると通勤時間も有効活用できます。