自分磨きの必要性とパラレルキャリア

自分磨きが必要な理由

 

超高齢社会を迎える日本では、定年退職の年齢が引き上げられたり、廃止される動きが強まってきています。

平均寿命は伸び続け、65歳を過ぎても働き続けなければ老後の資金が不足してしまうかもしれない、という現状があります。

人生100年時代、長く働き続けるには1つのキャリアだけではなく、パラレルキャリアという考え方が必要な時代となってきています。

 

自分磨きの種類

 

本を読む

 

自分の好きなジャンルや自己啓発本、小説など。

本を読むことによって、語彙のバリエーションが豊かになることに加え、さまざまなジャンルの本を読むことで、幅広い教養が身に付いたり新しいアイデアの発見につながる、などのメリットがあります。

 

ニュースを見る

 

ニュースを見ることによって、知識が増えることは言うまでもないメリットです。さらに話題が豊富になるため、コミュニケーション力がアップし雑談やちょっとした会話が必要になった場合でも、話題に困りません。また、気になる記事や言葉などを調べたりすることで、さらなる知識アップにもつながります。

 

資格を取得する

 

自分の仕事に関わる資格、趣味に関する資格、日常生活に役立つ資格など、資格の種類はさまざまです。資格は必ずしも必要となるわけではありませんが、持っていても損はありません。資格を取得するための勉強をすることで、多くの知識が身に付きます。

自分に合った資格を持っておくと良いでしょう。

趣味・習い事をする

 

趣味を持つことは人生を豊かにする、といわれています。

最近では、大人の習い事が増えてきていて、プライベートを充実させるために習い事をしているという人も増えてきているようです。

 

人との交流を持つ

 

セミナーやイベント、勉強会など人との交流が持てる場に足を運ぶことでさまざまな知識を持った人、さまざまな職業の人、年齢・性別関係なく多種多様な人との交流が持てます。また、最近ではSNSでの交流も盛んになっています。気軽に交流が持てるのがSNSのメリットです。

 

パラレルキャリアとは

 

パラレル(parallel)は「平行」や「並列」という意味を持ちます。

パラレルキャリアとは、本業を持ちながら余暇も使用して第二の活動を行う新しい働き方のことです。

オーストリア人経営学者のピーター・ファーディナンド・ドラッガー氏の著書「明日を支配するもの」の中で提唱したもので、これからの社会における生き方の一つです。

副業とは違い、報酬を得ることを目的とせず、自身のスキルアップや夢の実現、社会貢献活動などが含まれます。

 

パラレルキャリアのメリット

 

教養が広がる

 

さまざまな活動を通して、いろいろなジャンルの知識を得られることや、人との交流を通して、幅広い教養につながります。パラレルキャリアを持つことで、一見関連がなさそうなことも、他キャリアとの関連が見つかることもあるのです。

 

多様なものの見方・視点が養える

 

教養が広がり知識が深まることで、今までの自分自身の考え方やものの見方・視点だけでなく、いろいろな面からの見方や視点で物事を捉えることができるようになります。

多面的な視点を身に付けることは、自分の幅を広げることに役立ちます。

 

タイムマネジメント力が向上する

 

さまざまな活動を行うためには、時間を有効に使うことが必要となってきます。1日24時間という限られた時間を有効に活用する方法が、自然と身に付きます。

人脈が広がる

活動を通して、さまざまなジャンルの人との出会いがあることで、人脈が広がります。

人脈が人脈を広げる、といわれるようにさらに人脈が広がっていきます。

これにより、さらに多くの知識の取得や多面的な視点を身に付けることができるでしょう。