習慣化するメリットとその方法

「習慣」とは、ある事が繰り返し行われた結果、その事がしきたりやならわしになること。

習慣化するということは、行動を自動化するということです。

 

 

習慣化するメリット

 

効率アップ

「習慣化する=行動を自動化する」ことによって、脳は毎回考える必要なくカラダが動くため、効率が良くなります。

人の集中力は途切れやすいものです。「次に何をしよう?」と考える時間ができてしまうと、せっかく集中していても、集中力が途切れてしまいます。

そんな事がないように「行動を自動化」しておくことで、集中力を途切らせることなく、効率的に行動できるようになります。

 

ストレスの解消

「習慣化する=行動を自動化する」ことによって、脳が考えることなくカラダが動くため、「やらなければならない」ストレスから解放されます。

「やらなければいけない」という意識から、「当たり前にやること」という意識に変革することができれば、「やらなければいけない」ストレスをなくすことができるのです。

 

目標の達成

考えるストレスから解放されることで、気持ちの面でも負担にならず、脳が考えることなくカラダが動くので、自然と目標達成に近づけ、目標達成に向けての最短のルートといえます。

「習慣化する=行動を自動化する」ことで、やることが当たり前になることが、目標達成に向けた行動を継続させることができるのです。

 

ただし目標達成するには、適切な目標設定と具体的な行動計画が重要になります。

 

 

習慣化の方法

 

習慣化するためにかかるとされている日数は、おおよそ65日程度、と言われています。

習慣化するまでが大切な道のりになります。習慣化してしまえば、継続は容易になります。

まずは習慣化するためのポイントを押さえましょう。

 

まずは小さなことから

 

いきなり大きな目標を掲げて、ハードルの高い事やキツい内容を習慣化しようとするのは、とても難しものです。三日坊主になってしまうことも多いでしょう。

習慣化するには、まずは簡単に始められるような小さな事から、コツコツ始めましょう。

毎日や何曜日など、決まった日に何かの行動を起こす、ということが習慣化するには大切なことです。

カラダに覚えさせることがポイントです。

 

時間・タイミングを決める

 

朝起きてから、家を出るまでの時間に何をどのようにして支度をするかは、ほとんどの人は決まっているのではないでしょうか。

例えば、起きる→トイレに行く→顔を洗う・歯を磨く→メイクをする→着替える…

このように習慣化したい行動を「いつやるか」を決めてしまうのです。

また、他の習慣化している行動とセットで行うことも有効です。

例えば、朝起きたら〇〇をする。家を出る直前に〇〇を行う。など…

 

 

習慣化することには、さまざまなメリットがあります。

「習慣化」を身につけて、充実した日々を送りましょう。