タイムマネジメントで時間を有効に使うコツ

仕事では必須の時間管理。

みなさんはどのような方法で時間を管理していますか?

タイムマネジメントは仕事においてだけでなく、プライベートも充実させてくれるものなのです。

有効的なタイムマネジメントで充実ライフを送りましょう。

 

タイムマネジメントとは

 

何かの目標を達成するために、使える時間を有効活用し、物事を効果的・効率的に進めるための技術のこと。

ある行動に対する時間を把握し、どれくらいの効果がもたらされているのか、さらに効率的にするためには何が必要なのかを考え、実践していく必要があります。

1日は24時間と決まっています。その決まった時間をどのように有効的に活用していくかは充実ライフにとって重要なポイントです。

タイムマネジメントを有効的に行うことによって、目標への近道になるでしょう。

 

タイムマネジメントの重要性

 

時間は1日24時間。この限られた時間の中で、どれだけの成果を得られるかは、自分の時間の使い方次第です。

できるなら少ない時間で大きな成果を得たいものです。

最近は「生産性」という言葉に注目が集まっていますが、この少ない時間で大きな効果を得る、ということが生産性向上になります。

同じ内容のことを、より少ない時間で達成できれば、残りの時間をほかのことに使うことができます。

 

タイムマネジメントのポイント

 

タイムマネジメントのポイントは、「やること(TO DO) × 時間」です。

さらにPDCAを回しながら、さらに改善を繰り返していくことが、タイムマネジメントを有効に行うことにつながっていきます。

 

「やること」を書き出す

 

まずは「やること(TO DO)」を見える化しましょう。

見える化にはふせんを使います。

最近はスマホなどモバイルでの管理ができる、TO DO管理のアプリがたくさんありますが、「書く」ことの効果を活かすためにふせんと手帳を使います。

やることをすべてふせんに書き出します。ふせんは色分けをして使うと良いです。

時間が決まっている確定の予定は、ピンクのふせん。

時間は決まっていないがやらなければならないことは、イエローのふせん。

いずれはやりたいことは、ブルーのふせん。

 

スケジュールを立てる

 

次に、スケジュールを立てましょう。

書き出したやることが、それぞれどのくらいの時間がかかるかを想定します。

縦軸を時間としたデイリースケジュール表に、ふせんを貼っていきます。

まずは確定の予定のピンクのふせんから。次に時間は決まっていないがやらなければならないイエローのふせん。最後にいずれやりたいブルーのふせん。

これで一日のスケジュールが立てられました。

 

リスケをする

 

これはあくまでも予定です。進めていくにつれて、ズレがでてきます。

その時点でリスケをしていきましょう。

時間を意識することで、それぞれの業務がどれくらいの時間がかかるかの想定ができるようになってきます。それによって時間の感覚がつかめるようになります。

タイムマネジメントはこの時間の感覚をつかむことが重要になってきます。

まずは、時間を意識することから始めましょう。